蓝色的咸鱼

-吹灯油的小号-

かわずの目借り時罗马音

かわずの目借り時
唄:TOUYU

忘れない誰かと
wasurenai darekato
過ごした一夏の睡蓮
sugoshita hitonatsu no suiren
アヒルボートにのって
ahiruboto ninotte
くたくたになるまで
kutakuta ni narumade
足を動かした後は
ashiwo ugokashita atowa
水没した海賊船を探しに行こう
suibotsu shita kaizokusen wo sagashini ikou
揺れて消えていくのは
yurete kiete ikunowa
いつか捧げられた愛
itsuka sasage rareta ai
隠し味はハチミツと一緒に
kakushi ajiwa hachimitsu to isshoni
見えなくなるまで溶かして
mienaku narumade tokashite
永久に混ざり合いたい
towani mazari aitai
何事もなかったと
nanikoto monakatta to
言われるそれまで
iwareru soremade
忘れない誰かと
wasurenai darekato
過ごした雪融けの立春
sugoshita yukidoke no risshun
忘れない私に刻まれた証
wasurenai watashini kizamareta akashi
熟れゆく果実を余所目に
ureyuku kajitsu wo yosomeni
狡いんだね君は
zuruin dane kimiwa
止まない雷雨開かぬ傘
yamanai reiu hirakanu kasa
触れて癒えていくのは
furete ieteiku nowa
創傷のせせらぎと
soushou no sesera gito
終わらない逢瀬を続けよう
owaranai ousewo tsudukeyou
いつだってそうなんだ
itsudatte sounanda
気づいたときには遅くって
kiduita tokiniwa osokutte
何事もないように息をするんだ
nanikoto mo naiyouni ikiwo surunda
越える事の無い時間を越えて
koerukoto nonai jikanwo koete
もう一度その手に触れたい
mouichido sonoteni furetai
幾ばくの心の欠片
ikubaku no kokorono kakera
いままた溶け合う
imamata tokeau
知りたいことはおいてきたよ
shiritai kotowa oitekitayo
他には何も
hokaniwa nanimo
空だってどこまでも青いから
soradatte dokomademo aoikara
揺れて消えていくのは
yurete kieteiku nowa
いつか捧げられた愛
itsuka sasagera retaai
隠し味はハチミツと一緒に
kakushi ajiwa hachimitsu toisshoni
見えなくなるまで溶かして
mienakunaru made tokashite
永久に混ざり合いたい
towani mazari aitai
何事もなかったと
nanikoto monakatta to
言われるそれまで
iwareru soremade
ちいさな容器が
chiisana youkiga
満たされるまでずっと
mitasareru madezutto


自娱自乐的产物,欢迎捉虫

评论

热度(2)